普通サイズの安い枕が優秀|女性に多い外反母趾の悩み|治療してキレイな足の形にしよう

女性に多い外反母趾の悩み|治療してキレイな足の形にしよう

普通サイズの安い枕が優秀

眠る男性

枕の理想形

「これが最も良く眠れる理想の枕の理想形」は、実はありません。既に出回っているもので、自分の体に合ってしっくりするものこそ理想の枕です。低反発枕が優れているという宣伝が浸透し、実際にお値段が手頃な低反発枕が出回っていて、どこでも売れているようなので、低反発枕が理想に近い枕なのでしょう。世代や好みによっては「そば殻が入った昔ながらの枕が好き」「時代劇に出てくるような木でできた高い枕が好き。毎日は使わないけれど、持っていてたまに使う」人も少なからずいるのかもしれません。体に合わない枕を無理して使っているのでなければ、枕はなにを選んでもいいのかもしれません。時代劇に出てくるような木でできた高い枕であれば、枕カバーの買い替えもいりません。こまめに布で拭いてお手入れすれば清潔さが保てます。枕はお手入れも重要です。

枕カバーは毎日洗おう

意外に重要なのは枕カバーを常に清潔に保てるか否かです。布団をこまめに日光に干すのと同じく枕カバーも毎日清潔に保たなければいけません。不潔なままにしていては肌荒れの原因になります。枕は歯ブラシと同じ感覚で定期的に買い替えられれば、常に清潔さが保てます。「一生もの」よりも「古くなったらゴミとして捨てても惜しくない」価格帯のものの方が、メンテナンスが楽です。理想の枕を探し求め「1万円以上する低反発枕」を購入してしまうと、枕のサイズによっては、専用の枕カバーを数枚購入しなければいけなくなります。さらに、古くなったらゴミとして捨てなくてはいけません。理想の枕として一度手に入れたものです。その点「普通サイズの1000円ほどの枕」ですと、買い替えも苦になりません。