身体を冷やさない様にする|女性に多い外反母趾の悩み|治療してキレイな足の形にしよう

女性に多い外反母趾の悩み|治療してキレイな足の形にしよう

身体を冷やさない様にする

お風呂

体温を正常値にするには

人間が健康に生きていくための理想的な基礎体温の基準は、36.5度前後となっています。ところが冷え性などに悩んでいる現代の女性の基礎体温は、35度ほどの低体温となっている方々が増加しています。理想とする基礎体温よりも、1度以上も低くなっていることから、身体の不調を訴える人々に対して有効な手立てとしてあげられるものには、温活と呼ばれる活動があります。低体温となってしまう原因は定かではありませんが、食事内容や薄着、運動の不足といったものが影響していると指摘されるケースもあります。現在温活が流行している背景としては、基礎代謝機能や免疫機能の向上化などの、身体を温めることによって得ることのできる利益が様々にあるといった点が、多くの方々に理解されはじめていることにあります。

身体を冷やず温める

身体が冷えてしまうことによる悪影響は主に、血行不良からくる倦怠感や目の疲れ、肌荒れ、頭痛、生理痛、肩こりに腰痛などといった形で表れてきます。これらの症状を自覚した際には、常に身体を温めるということを意識した温活を行うことによって、身体に生じている様々な不調を改善することができます。温活にはいろいろな方法がありますが、38度ほどの適温での半身浴や、サウナなどに入ったりすることで自律神経のバランスを調整しリラックスさせ、心身の状態を落ち着かせることができます。その他にも、身体を冷やす陰性食品を避けながら、体内を温めることのできる食べ物を多くとるようにするといった方法もあります。また、冷房の効きすぎている場所や、寒くなる季節には、冷えやすい首回りにマフラーをしたり、手足に冷たさを感じるのであれば、厚手の手袋や靴下を使用したり、ヒートテックなどを着込むなどしてボディを温めるようにしていれば、体感温度も下がりにくくなり、正常値の基礎体温へと向かわせることができます。